チーズと赤ワインで認知症予防

こころのサポート ラポール

072-292-4478

〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2-2

営業時間/10:00~18:00 定休日/木曜・日曜

ぺージタイトル背景

チーズと赤ワインで認知症予防

ラポールブログ

2018/06/11 チーズと赤ワインで認知症予防

チーズにはたくさんの種類があります。日本でも世界のチーズが簡単に手に入るようになりました。世界ではなんと1000種類以上ものチーズがあります。

 

でも、種類はと聞かれると、私はすぐに思い浮かぶものと言えば、ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、モッツァレラチーズカマンベールチーズ、マスカルポーネ、クリームチーズ等など少数しか思い浮かべるこが出来ません。

 

チーズの中で、カマンベールチーズは、牛乳を原料とし、独特の白カビを生やして、熟成させて作られ、やわらかくて特有の芳香があるのが特徴です。

 

最近では、健康番組でも認知症予防が取り上げられています。

その中で、アルツハイマー型認知症は、発症する約20年前から、脳内に老廃物であるアミロイドβが蓄積することで引き起こされると考えられています。

そんな、カマンベールチーズを摂取したマウスでは、アミロイドβの沈着が、減少していることが分かったそうです。

 

私も、よくカマンベールチーズをおつまみにして、赤ワインを飲みます。

 

出来れば、赤ワインを毎日12杯程度飲むことは、認知症予防につながることがわかっていますので、適量の赤ワインとカマンベールチーズをおつまみに、認知症の予防として食べ合わせしてはいかがでしょうか。

 

ワインもアルコールですので、飲み過ぎには注意をしてくださいね。

考え事をしている女性

 

○●—————————————————-●○
こころのサポート ラポール

住所 大阪府堺市南区鴨谷台2-2
電話番号 072-292-4478
営業時間 10:00~18:00
定休日 木曜・日曜
アクセス 泉北高速鉄道 光明池駅徒歩2分
○●—————————————————-●○

TOP