人材育成 ハラスメントってどんなことⅥ

こころのサポート ラポール

072-292-4478

〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2-2

営業時間/10:00~18:00 定休日/木曜・日曜

ぺージタイトル背景

人材育成 ハラスメントってどんなことⅥ

ラポールブログ

2018/09/12 人材育成 ハラスメントってどんなことⅥ

最近、「パワーハラスメント」という言葉をよく耳にします。

 

ハラスメントとは、いろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』をハラスメントと言います。

その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

 

私には関係が無いこと、ハラスメントはしていないと思っていても、恐ろしいことに、本人が気づくことなく、ハラスメントをしている可能性があるのです。
なぜなら、相手側がどのように感じたかでハラスメント、ハラスメントでないという感情になるからです。

 

パワーハラスメントとはどんな行為をいうのでしょうか。

パワーハラスメントとは

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や、人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える、又は、職場環境を悪化させる行為をいいます。

具体的に6パターン書いてみました。

1.暴行など「身体的な攻撃」  

2.暴言など「精神的な攻撃」

3.無視など「人間関係からの切り離し」

4.実行不可能な仕事の強制など「過大な要求」

5.能力とかけ離れた難易度の低い仕事を命じるなど「過小な要求」

6.私的なことに過度に立ち入る「個の侵害」

などがあげられます。

 

上記は職場としていますが、それ以外でも上下関係が発生するような組織もまたこれに該当します。

 

パワハラは当人が傷つくだけでなく、企業や組織にとっても大きなダメージに繋がります。

人的損失の発生、職場環境の悪化、作業効率の悪化、企業イメージの悪化、直接的損失などが考えることができます。

 

どちらをとってもハラスメントは良いことがありませんよね。

ハラスメントにならないか、考えてから言動・行動をしたいものです。

女性が考え事をしている所

 

○●—————————————————-●○
こころのサポート ラポール

住所 大阪府堺市南区鴨谷台2-2
電話番号 072-292-4478
営業時間 10:00~18:00
定休日 木曜・日曜
アクセス 泉北高速鉄道 光明池駅徒歩2分
○●—————————————————-●○

TOP